全児演のぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 全児演関西ブロック合唱団

<<   作成日時 : 2012/06/02 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5/30.31に、関西演劇の学校、2012年第一弾
さかなちゃんこと、元劇団コーロの魚谷尚代さんによる
声楽レッスンクラスが開かれました。

楽しく、丁寧、そしてアドバイスが的確で
去年好評だったクラスで、
今回も参加者がワクワクするレッスンでした。

ゲーム、そして発声、合唱ののち
個人レッスン。
この個人レッスン、
自分の番はもちろん勉強になるのですが、
それよりも他の人を見ている時が
一番勉強になります。

アドバイスによって、
驚くほどその人の歌が変わるからです。

特に今回参加のメンバーは素直な人が多いのか
その変化がはっきりしていました。

画像


画像


課題曲は2曲、
「カントリーロード」と「島んちゅぬ宝」
どちらか選んで
一人ひとり歌詞を読むところから始めます。
さかなちゃんは芸大生の時、
先生に歌詞を100回読みなさいと言われたそうです。

私は「カントリーロード」を選びました。
以前歌ったことがある「カントリーロード」でしたが、
あらためて声に出して読んでみると
目の前に道が広がって
私はその道を歩いて、私がゆくべき「あの街」へ進んでいるような気がしました。
「あの街」に必ず行くという確信のようなものが生まれてきました。

私の声楽の先生にもいつも歌詞を声に出して読みなさいと言われます。
でも、歌うのが好きだから、つい手抜きをして、すぐ歌ってしまいます。
今回はみんながいたので、きちんとやってみたら
いろいろな発見がありました。
グループレッスンのいいところですね。

同じ歌詞なのに、みんなイメージが違って
おもしろかったようです。
(私は2日目から参加、1日目のみなさんの朗読は聞けず残念)

そして「カントリーロード」を選んだ人は
歌う前に「○○○のカントリーロード」というように
自分なりのタイトルをつけてタイトルコールをしてから
歌いました。

私は「関門海峡カントリーロード」

大きく広い道のイメージなのですが、
そういう道が自分自身の記憶になく
自然に田舎の海、そう関門海峡が浮かんだので。

最後は海を飛び越えるようなイメージで歌いました。
気持ちよかったです。

それからメンバーたちは
さかなちゃん先生のアドバイスにより
大きく手を振りながらとか、
跳びながらとか、
散歩しながらとか、

画像


壁を押しながらとか、

身体を使い、イメージを作り
それぞれの個性的な歌を歌いました。

合唱もとても楽しかった〜
あんまり楽しかったので、
メンバーから自然と
「全児演合唱団」を作ろうという案が出ました。

岸和田やこども文化のロビーで歌っているかもしれません。

乞うご期待!

☆つづみ☆






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全児演関西ブロック合唱団 全児演のぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる