全児演のぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 極楽、極楽

<<   作成日時 : 2012/01/19 02:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ただいま!函館から帰ってきました。
今回の総会でも有意義な時間を持つことができました。


さて、さて、いつものように、私は会計監査の旅からスタート!
朝早く大阪を出発して、那須へ。
もう何度も通わせていただいてるらくりん座さんへ行き、
ハショウダさんとともに、1年ちょっとぶりにアサノさんに会う。

もちろん、同じ劇団ではないのだが、
こう何年も毎年通い、アサノさんという方にふれていると、
まるで劇団の先輩(大先輩)という気がしてくる。
演出家、女優、制作者、演技講師。。。
私も同じ仕事をしているので、そのお話は大変参考になる。

今年もアサノさんに会い、らくりん座を後に。
そして、千本松温泉で落としてもらい、
今年もハショウダさんと露天風呂。
お湯はぬるめで、やわらかくて、いつまでも入っていられる。

考えたら不思議だが、友達ってわけでも、同じ劇団ってわけでもないのに、
ほぼ毎年ハショウダさんと温泉、はだかのつきあいだ。
楽しみにしている温泉でのクリームのような牛乳を飲み、
その日は東京へ戻って蒲田泊まり。

翌朝、まだ暗い中、ホテルを出て、空港へ。
7年ぶりの「函館〜!」
今回のスケジュールは余裕がないので、
空港で海鮮丼を食べてやる!と函館着き次第レストランへ行ったが
さすがに朝っぱらから海鮮丼はやっておらず、
悔しいから、朝っぱらから「塩ラーメン」を食べた。

あ、そうそう、靴の滑り止めを空港のコンビニで即買い!
これ、ほんとに正解。
おかげで、7年前よりサクサク歩けましたから。

タクシーで、今回の会場の「花園大谷幼稚園」へ!

北海道ブロックの会員さんに加え、劇場の会員さんが多く参加、
前日泊の運営委員とともに準備を進めてくれています。
飛行機の遅れで、開始が遅れたものの、
なんと83名の参加で総会が開催されました!

画像



東海ブロックは、事前にメッセージを万国旗のように作って持ってきてくれました。
会場にちょうどはりめぐらされ、とってもすてき!
私なんて、「忙しい、忙しい」ばかりで、何も思いつくこともなく、函館まで来て
恥ずかしい限りです。

ところで、タイトルの「極楽、極楽」は
那須と函館(今回は湯の川温泉に泊まった)の温泉三昧を意味しているけど
それだけでなく、2日間、
本当に意思のある人たちと、芝居が好きで子どもが好きな人たちと
まじめに、もう、ず〜っと、芝居やら夢やらを語る時間が
ほんとに別世界だわ〜と感じたから。

贅沢な時間

今回の総会は、震災後初の総会でもあり、
被災した方のお話を聞き、その後、原発のことや支援についてや
そして、家族ってなんだろうとか、芸術はなにができるかとか
全児演で何ができるかとか、参加者は語り合った。
朝も昼も夜も。。。

そして、私の目的の大切なひとつ。被災した方から話を聞くこと。
それは3月にたつ舞台、演じる役のため。
私は津波で流され、子どもを残して死んだお母さん。
イメージで出るシーンがほとんどだが、ラスト近くに一言だけ台詞がある。
子どもに掛ける言葉だが、それは同時に生きている私たちみんなに掛ける言葉だ。
それをどう言えばいいのか・・・

被災した方々の話を聞けば聞くほど、「無理」に思える。

が、2日目の朝。
いわきの劇団ポポのエンドウさんとお風呂で一緒になり、
震災の話を聞いた時、
「東北のニュアンス(なまり?)を台詞に出したいなあ。」と思っていたが、やめた。
付け焼刃で覚えたなまりを使うより、きちんと感じた思いを台詞に乗せようと思ったのだ。

ありがとう、エンドウさん。そして、総会参加者の皆さん。
ありがとう、タケダさん、ハセガワさん、ウエムラさん、タカモリさん、
劇団の皆さん、劇場の皆さん、お疲れ様でした。


総会後、朝市に行かなかったので、これまた悔しまぎれに
近くの回転すしのお店でカニ・イクラ・ウニなどを食べ
さらに函館名物(?)「くじら汁」も食べる。

飛行機の出発が遅れ、飛び立つときにはすっかりあたりは暗くなっていた。
函館山にも行けなかったなあ(7年前に登ったけど)と思いながら
飛行機の窓の外を見たら
「ひゃあ〜」
きれいなきれいな夜景です。

はるばる来たぜ、函館!
そしてさらば、函館!また来る日まで。

☆つづみ☆




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おつかれさまでした〜〜。
ほんと、人との出会いが極楽極楽だね!
ただじゅん
2012/02/01 21:21
大変なことも多いけど、その分私たちきっと得ているものも大きいですよね。
つづみ
2012/02/02 08:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
極楽、極楽 全児演のぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる