全児演のぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 全児演総会in東京

<<   作成日時 : 2010/02/04 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

総会から随分たってしまいました。
ちょっと思い出しながらレポートしましょう。

みんなより一足先に私の総会は始まります。
今回は関東での開催だったので、
会計監査も総会の日程にくっつけて
1月7日、朝、新大阪を出発し、那須塩原へ。
そう、らくりん座さんへ向かいました。
今回は浅野さん自ら私と羽生田さんを待っていてくださって、
浅野さんの運転でらくりん座のアトリエへ。

よいお天気で気持ちいい〜
途中、米原ではものすごい雪だったので
もしや大雪では!?と思ったのですが、
全然でした。

監査をしていただいて、
その後、浅野さんのお話を聞くのを
毎回の楽しみにしている私。
話は、東京大空襲の話に・・・
空襲でおおやけどを負った浅野さん。
若い女の人がそのような体験をして、
身体だけではなく、心もどんなに傷ついたことだろうと思うと・・・

児演協で「証言・児童演劇」という本が出ましたが、
まさに浅野さんの「証言」は、聞かせていただいて本当に良かったと思いました。

さて、その後、羽生田さんは、翌日の公演のため先に帰られ
私は那須に泊まりだったので、
浅野さんと古賀さんとおいしい中華をいただきました〜

その日私が泊まったのは
なんと温泉つきのビジネスホテル。
さすが、那須塩原です。
部屋にもお風呂はあったのですが、
もちろん、温泉に入りましたよ!
お湯がやわらかくて、もう、めっちゃ気持ちよかったです〜!!

翌日朝ごはんもおいしくいただいて、
東京へ。
駅弁を買って、新幹線でしっかり食べ、
(もう、食べてばかり)
劇団風の子へ行きました。
資料を印刷させてもらうためです。

画像


風の子は、静かな住宅街の中。
看板がなければ劇団とはわかりません。
午前中は試演会だったそうです。
知っていれば、早く来て、見ればよかった。ちょっと残念。

で、劇団にはいろいろおもしろいものがありますが、
その日は大きな乾燥した豆を、そのまま楽器にしているものを見せてもらいました。
で、実際鳴らしてみた。シャカシャカ鳴ってマラカスのようです。
こうゆうの、きっと子どもはおもしろがるよなあ・・・

それから、印刷したものを持って、オリンピックセンターへ。
ちょっと早く着きすぎて、ベンチでダラダラして待って時間をつぶす。
横山さんも早めに来て、全員分のチェックイン。
なんだか、はたで見ていても、ややこしそうで、大変そうでした。
運営委員はその日オリセンに泊まりなので、
私も早めにチェックインさせてもらい、やれやれ。

狭いけど、きれいなお部屋。泊めて頂いたのはシングルで、お風呂トイレもついています。
しかも、めっちゃ安い・・・
オリセンの中のレストランで、とりあえずお茶を飲みながら会議。
北海道から九州までの運営委員が集まって、翌日の段取りなどを話します。
とはいえ、今回も若者が仕切るとのことで、運営委員はあまり出る幕がなさそうです。

ま、そう思って、しっかり仕事を持ってきた私。
翌朝は資料作りを手伝っていただきました。

会議の後は、駅前で飲み会。
会議の席より、こういうところでの方が話しがはずむ。
関東の若手も参加して、翌日もあるので、適当な時間まで飲み、食べ、話す。

翌朝もいい天気!
私は、大食堂の方へ行って、やこちゃんたちとバイキングの朝ごはん。
会場からは富士山も見えたとの情報で
まず会場へ!

ほんと!富士山のてっぺんが見えています!!

画像


わかるかなあ〜
大阪の人間からすると、富士山見えるとテンションあがります。
それから事務的な仕事をして、準備OK。全国からの会員を待ちます。
受付を担当してくれたいちょう座のかめやまさん、風の子の羽生田さんが集まると
関西人以上のにぎやかさとおもしろさ。

さてさて、集まったのは全国から164名。(←最終的な数)すご〜い!!
オープニングのただじゅんさん率いる獅子舞隊(?)から始まり、
関東ブロックの口上、続いて各ブロックもいきなりの振りで口上を次々と。
しかし、そこは芸達者揃い。短時間で「上手い」口上を述べあげます。お見事でした。

私たち関西チームは、関東の「地域の名物を」という振りをやや無視して
「名物」は私たち自身とばかりに自分たちを褒め上げる口上(なんでやねん)

それからアフタフバーバンの仕切りで
ゲーム的な仲間分け。
「干支」で分かれるなんて振り、女優的にはどうよ。
年がバレバレじゃん。ま、私は丑の会を公言しておりますからいいけどね。
それから「干支」の動物を身体で表現しました。
「辰(龍)」「巳(蛇)」かっこよかったです。「羊」はアイディアがよかったです。
こういう表現は、児童劇をやっている人たちの得意技ではないですかねえ。

講演は鈴木一光先生のお話。
「子どもたちの“今”と児童青少年演劇」というタイトルで
資料も配られていたけれど、ほとんどその資料には沿わず
漫談のような口調での、ためになる雑談(失礼!)って感じで・・・
中で印象に残ったのは年を取ってからも発達する知能がある
というところです。
年を取ると衰えるばかりかと思いきや
結晶性知能というのは生涯発達をし続けるのだそうです。
結晶性知能とは、豊富な経験や知識にもとづいた判断力とか思考力、あるいは統率力といった高度な知能のこと。
重要なのは、高齢になっても勉学や趣味に励むこと。
好きなことを仕事にするのもいいそうです。

それから関東ブロックの発言と発表
自分と児童演劇との関わりを語り、
短い作品を演じてくれました。
きっかけは様々。最初から、子どものために、社会のために
なんて人はなかなかいません。
でも、作品や人と出会い、それを自分なりに受けとめていくことにより
それぞれ変わっていくのだと思います。
成長する人もあり、別の方向へ行く人もあり。
聞きながら、参加者は自分のことに置き換えて
考えていたのではないでしょうか。

タイトなスケジュールが組まれていたので
全児演賞授賞式はいつもよりサクサクと進みました。
(長くしゃべる人がいなかったので。短めにと頼むけど無視してめっちゃしゃべる人がいるのさ。)
今年は特別賞がお二人。
鈴木先生のお話じゃないけれど、お二人ともイキイキとされていてお若い。
全児演賞を受賞された上保さん、奨励賞の杉山さんもそうだけど
それぞれの所属劇団の人も幸せそうな様子を見ると
こちらまで嬉しくなる。

さて、いよいよ交流会。
オリンピックセンター内のレストランですが、
おいおい、この人数入るのかってところで・・・
何とか入りました。
もちろん立食です。椅子はあったけど、諸先輩に譲りました。
ここでもブロックごとに紹介!
人数も多いし、みんな元気で、いや〜暑かったです。
私はもう床に座って、みんなのパフォーマンスを見てました。
で、めっちゃかわいかったのが、ひとみ座の中村さん操る人形。

画像


もう釘付けでした。間がいいよね〜ホント。
あ、食事も予想外においしかったです。
7年前の熱海総会で、う〜ん、醤油がからい、味が濃いと文句を言っていた関西ブロック。
今回はめっちゃガツガツ食べてました。
私的にはチョコタワーが最高でした。めっちゃ食べた。

翌朝もいいお天気。

画像


私は9階の富士山の見えるレストランで朝ごはん。
パンがこれまたおいしい!
で、分散会に参加しました。
おいおい、仕切りは誰がすんねん、って感じで始まりましたが
うりんこの長田さんが、感じたら話すって感じで
話が停滞せず、その都度おもしろい方向にころがって
仕切ってないようで、その実、全体を前に進めていた渋沢やこさんのおかげで
全員がそれぞれの思いや考えを述べ、そして相手の話をよく聞くことができた会だったと思います。
今回、全児演の会員ではないのですが、参加されていた「だるま森」さんに私は興味津々。
機会があったら、作品を見たいなあと思いました。
(それにしても、ほんとにうりんこの人は、何だかいいねえ。パワーがあって。)

はあ〜終わった〜
いやいや、私はこれからもう一仕事。
会計報告と運営委員紹介をちょこっと仕切って
はい、やれやれです。

今回はサプライズがありました。
全児演運営委員長の松本則子さんがO夫人賞を受賞され、
総会内で授賞式が行われたのです。
おめでとうございます!松本さん!賞金は劇団の若い人のために使うと言われてました。
飲み会とかじゃなく・・・

解散後、新運営委員会で残り、その後青年交流会へ参加しました。
いつもならとっとと帰るのですが、
実は私はその日もう一泊、オリセンに泊まったのです。
で、友人と会うまでに時間があったので
せっかくだから、ちょっと覗いてみました。
いや〜「青年」交流会だからさ〜どうしようかと思ってて、
でも、「青年」じゃない人もいたから、もう、普通に参加しちゃいました。

ここでもアフタフ・バーバンが活躍。普段やっているシアターゲームでしょうか、
をやっていました。私は途中から参加。

一人一人自己紹介がてら、自分の嫌いな食べ物について語る
その食べ物について「なんで、嫌いやねん、ありえへ〜ん」って思ったら
それを身体で表現する。ま、普通に前に出てくるってだけでいいっぽかったけど。
私は好きなものがたっくさんあって、嫌いなものがあまりないんだけど、
人によって、全然違うので面白い。私もレッスンではよく「食べ物」を使います。

サークルになって誰かとアイコンタクト。自分の名前を言って、その人のところへ行く。
その人はまた別の人のところへ。
これを今度は、相手の名前を言って、同様に行う。
次は、ゾンビ(私はサメでやりますが)が一人を襲いに行く。
誰かがその人の名前を呼べば、セーフ。呼んでくれなかったらアウト。ゾンビになっちゃう。
ゾンビが増えてくると、もう必死!

サークルになって、互いの足元を見る。気に入った足元の人を選び
合図で目を上げる。両思いならサークルから抜けていく。
これ、マジ、どんどんカップル誕生で、取り残されていくとあせりました〜
派手な靴や靴下はいてる人から抜けていけていた気がする。
それって大事。やっぱり個性がないと選ばれないのだ。

そのペアで今度は互いの「手」をさわって確認。
次に目を閉じて、相手を探します。
私は結構早くに相手に巡りあえて、思わず(初対面の人だったが)二人で抱き合っちゃったよ。
ま、そんな時外国人になっちゃうからさ、私・・・

ってな具合に楽しんだ交流会。
その後、東京丑の会の集まりに出かけた私。
その日も泊まって、翌日友人の芝居を見て、
やっと大阪に帰ったのでした。

はあ、ここまで読んでいただいて、
お疲れ様でした。

来年の総会は九州。
今から楽しみです。
実家が福岡だから、ついでに帰省もするつもりだけど、なにより食べ物。
九州すっごい楽しみ。
早くから計画して、ついでにいろいろなところ行こうっと。

今回の総会も若者が本当に頑張って、そして楽しんでました。
もちろん、ベテランのフォローがあったればこそでしょうが。
若い人にまかせることにより、ベテランも成長(?)できるのでは?
とか、思っちゃった。
人にまかせるのって、勇気がいるでしょう?

そして若者のこの勢いが、今度は外に向けて発信されていくといいなあと思います。
まさに全児演的でしょ。

(あ、人が写ってる写真がないですね〜
ニュースにはいっぱい載ってますので
会員の方はそちらを見てね。)













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
総会、お疲れ様でした!
当日以前のことも「そうだったのか!」と分かることがいくつか☆
ありがとうございました♪九州楽しみですねー!
けーた
2010/02/16 17:53
総会お疲れ様でした!準備や仕切りもありがとう!
そしてただじゅんさん以外のコメントだあ〜!
(きっとたださんだと思って開いたけど)ありがとうございます。
ただじゅんさんもコメントください。ふふ・・
来年の総会の日程や会場も決まったような・・・
きちんとわかったらまたみなさんにお知らせしますね。
つづみ
2010/02/24 11:44
つづみさぁぁぁん、全児演の会報読みました!!素敵!!写真と文章のちらばり具合がとても読みやすくてとても楽しく読めました。まぁ自分は参加していたからですが。
でも参加していない方が読んで、「なんだか楽しい報告ですね」と言ってくれましたよ。
昨日は全児演関東ブロックの集まりでした♡にぎやかにそしてみんな率直に話ができる場として定着しつつあります^^嬉しいですね。次回は3/14ですよ。東京にいらしていたらいつでもご参加ください!!
やこ
2010/02/26 23:45
コメント遅くなりました〜(笑)
関東ブロックはいろんな意味で結果的にこのタイミングで総会を取り組めてよかったなあと思います。今後ともどうぞよろしく!
ただじゅん
2010/03/02 17:24
やこさん。ニュースの感想ありがとぉ!めっちゃ嬉しいです。
ただじゅんさん。これからもよろしくお願いします!
またみなさんの公演も見たいです。掲示板に書き込んでね。
つづみ
2010/03/08 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
全児演総会in東京 全児演のぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる