全児演のぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS Tactan2009 まだ間に合う

<<   作成日時 : 2009/08/01 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、女優の会、ひまわり公演クラスともに
稽古がお休み&養成所の仕事もお休みだったので
Tactan(国際児童青少年演劇フェスティバル大阪)2009に行って来ました。
地下鉄「千林大宮」から歩いて行ったのですが、
ホール近くなるとのぼりが

画像


11時から「パラシュート」、13時から「スズの兵隊」、14時から「家族の物語」
と、はしご観劇。
ハードなスケジュールでしたが、一作品50分ほどですし、
どの作品もすばらしいアイディアとよく鍛えられた役者たちの演技で
楽しみました。
おまけに隣に座っていた子どもがケラケラとよく笑っていて
その声を聞くとしあわせになりました。

会場では、クラルテの西村さん、かかし座の工藤さん、想造舎の河田さんたちに
会いましたよ。

こんなにおもしろいのに、なぜ満席にならないのでしょう?
値段も驚異的(ちょっと大袈裟か?)に安いのに。
フェスティバルは明日まで。
もう終わってしまった作品もありますが、
まだ間に合います。
私は明日「サプライズ」という作品を見に行きます。
今日見た「スズの兵隊」「家族の物語」は明日も上演されます。
外国語上演だけど、楽しめます。

8/2
「スズの兵隊」 ドイツ(ドイツ語上演)
アンデルセンの「錫の兵隊」を原作に、マルチメディアを使った影絵。
巨大なエアドームが出現し、その中に入って物語を楽しむ。

11:00/15:00 大阪市立旭区民センター 大ホール 当日 大人2000円 こども1500円

「家族の物語」 イタリア(英語上演)
ある素敵な家族の何でもない一日の風景。
イタリアの6〜12歳までの子どもたちに「家族」について質問し、その回答を基に創った作品。

16:00 大阪市立旭区民センター 小ホール 当日 大人2000円 こども1500円

「サプライズ」 オーストラリア
幼児にもわかるシンプルな動きを人間が表現。
一人のバイオリニストが奏でるバイオリンの多重演奏。
など様々なサプライズ(驚き)

11:00/14:00 大阪市立こども文化センター 当日 大人2500円 こども1000円

(紹介文はパンフレットより抜粋しました)

詳しくはホームページ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Tactan2009 まだ間に合う 全児演のぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる