全児演のぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS シンポジウム「フェスティバルでまちはかわるか」に参加しました

<<   作成日時 : 2008/03/18 13:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

3月14日(ホワイトデー、ま、誰も何もくれなかったが)
八尾の演劇フェスティバル初日に行われた
シンポジウムに参加しました。
画像


全児演の運営委員長松本さんのコーディネイトで、長野県飯田市、大阪府岸和田市、
枚方市、そして八尾市で行われている演劇フェスティバルに携わっている方を
パネラーとして招き、お話を伺いました。

飯田市では、1979年より人形劇フェスティバルが行われています。
人口は11万弱の街ですが、人形劇フェスでは、全国から300〜350ほどの団体が参加、
当日のスタッフだけで2000名以上、とかなり大規模なフェスティバルです。
予算も市からの助成が1900万、参加費や企業・個人からの協賛金を合わせると
4000万ほどだそうで、他の地域のパネラーからはため息がもれていました。

当初は行政側から仕掛けたイベントだったそうですが、
「誰のためのイベントか?」と考えを改め、「自分達の手でやろう」と話し合いを重ね、
現在の市民主催の形となった経緯が語られました。
全国からの参加者の受け入れが大変で、宿泊は公民館などを開放したり、
移動も市職員が車を出して、タクシー代わりに動いているそうです。

また、学校のクラブ活動に人形劇を組み込んでおり、
普段から、人形劇に親しむ環境を作っているそうです。

その飯田に刺激されて企画されたのが、枚方市の人形劇フェスティバルです。
個人の思いから発信され、現在は市からも予算をもらい、実行委員会には
財団職員も名を連ねているそうですが、
人口40万の都市なのに、予算としてもらっているのは35万円、と
飯田とのあまりの違いを嘆いていました。

いろいろな企画が立ち上がり、行政も腰をあげて動いてくれそうになるたびに
市長が替わったり、担当が替わったりで白紙に戻るという繰り返しだそうです。

岸和田の演劇祭は、おやこ劇場の例会に組み込むことにより
集客を確保、また地域からの協賛金を実行委員自ら歩き、集め、運営をしています。
大阪府文化振興事業としての助成も受けています。
昨年より浪切ホールという交通の便のよい、また周りにショッピングセンターがあり、
人の流れもよい会場に移りました。
全国から作品を募ることにより、劇場の観点からは、次年度の作品選びができる
見本市としての機能も果たしているようです。
またデンマークからゲストを招いて、「批評対話」という日本にはまだなじみのない
批評の方法を紹介。今年もそれは行われる予定です。

八尾は、プロ作品よりアマチュアのグループが多く参加。
特に人形劇のグループは、講習会を経て、増えていき、成長しています。
体験コーナーや大道芸、読み聞かせと内容もバラエティーに富んでいます。

どのパネラーも、フェスティバルを通じて、人とのつながりを得た、
そこからパワーをもらっていると述べました。

−世代を超えてのつながり、子ども達が違う家庭の大人と出会うこと、
異業種の交わりがある。
そして「自分の街」を好きになり、それが心の支えとなり、誇りとなる−
という飯田市の方の発言に、参加者はみな、深くうなづいていました。

それは、かつてあった「人とのつきあい方」に通じると思います。
今は失われつつあるけれど、まちでフェスティバルを行うことにより
そういった「人との関わり」が取り戻せ、子ども達も学んでいけるのだなあ、
と思いました。

最後に松本さんが
「(地域の演劇フェスティバルでは)人間関係が築かれ、街の中で機能している」
そして「市の条例や制度にしてもらうことによって、
やる人、子ども達が幸せになるのではないか」とまとめられました。

「しあわせ」

そう、この間、何かのテレビを見ている時に
行政とは“市民のしあわせのために働くこと”とかなんとか
そんなようなことを誰かが言っていて、
ああ、そうだよなあ、でも、実際のところ、行政は市民いじめの方向で動いていることが
多くない?とか思ったのですが、
ふっと、そのことを思い出しました。

行政よ!本来の仕事のことを考えて下さい。
人々がしあわせになるには、どうすればいいのか、という観点から
政治を行ってください。

そのためだったら、税金だって払うのはいとわないです。

それにしても、一緒に聞いていた友人と話したのですが、
いいだ人形劇フェスタに行ってみたくなりました。
8月2日〜10日だそうですが、ちょうど女優の会の稽古、本番と重なっており、
また関西では岸和田演劇祭とも重なっており、
今年行くのは無理みたい・・・










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
突然のコメント、誠に申し訳ございません。

定番ブログランキングサイト「EYE2U」を開設しました。



まだまだ登録数は少ないですが、新しい情報のアンテナを目指しております。

「定番」ではありますが、簡単な登録でブログの宣伝ができます。





今後、アクセスアップにもつながると思いますのでご登録をよろしくお願いします。

http://eye2u.net/
eye2u
2008/04/03 13:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンポジウム「フェスティバルでまちはかわるか」に参加しました 全児演のぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる